FC2ブログ
もっと見たい、食べたい!
関西のお手頃なランチとスイーツを紹介中! スイーツには昼食以外のおやつ・間食を含みます。昼食のパン類は、ランチに分類し、基本的に価格は、消費税込みです♪

駿河屋、美似芭里絵

総本家 駿河屋美似芭里絵(みにばりえ)には、小倉羊羹・栗羊羹・煉羊羹の3種類がある。総本家 駿河屋は、500余年前に、創業を始め、紀州家御用菓子司として、長く栄えた。伏見本舗とともに一時、製造停止するも、2015年に再開した。


suruga1suruga2
suruga3


美似芭里絵(みにばりえ)・小倉羊羹は、極上羊羹を食べやすいひとくちサイズ45gに仕上げた。アルミ包装の切り口を引き、開けて食べる。各184円。美似芭里絵・栗羊羹は、栗甘露煮の小さな粒が見えるかな。


suruga5
suruga4suruga6
suruga7


江戸時代、この店の5代目・岡本善右衛門が、考案したのが煉(ねり)羊羹。当時の主流であった「蒸す」から「炊き上げる」製法へ、転換させた元祖。それを受け継ぐ、美似芭里絵・煉羊羹は、見た目も美しい。


総本家駿河屋 駿河町本舗 HP
■住所 和歌山市駿河町12番地
■営業  9:00~18:00
■定休  無休(臨時休業あり)

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

福菱、白浜かげろう

弟家族が、アドベンチャーワールドへパンダを見に行き、紀州の銘菓として有名な(株)福菱の 白浜かげろうを買ってきてくれた。第26回全国菓子大博覧会・厚生大臣賞を受賞し、ネット検索でも、上位に出てきたようだ。


hukuhi1hukuhi2
hukuhi3


白浜かげろうは、ブッセや、ビスキュイと呼ばれる焼き菓子になるだろうか。薄くサクッとした表面に、ふわふわの生地。挟まれた優しい甘さのクリームが、一瞬に口の中で溶けていく。非常に軽い食感に、控えめの甘さは、いくつでも食べられるよ


(株)福菱 HP
■本社 和歌山県西牟婁郡白浜町1279-3
■販売 アドベンチャーワールド売店など


hukuhi4

テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

よむぎ餅 先田本家 +加太湾

淡嶋神社の帰りに、予定していたお餅屋のガラス戸を開けようとしたら、売り切れの文字が  トボトボ駅に向かう途中、声を掛けられ、立ち止まると、加太名物よむぎ餅 千田本家 少彦名命(スクナヒコナノミコト)と大己貴命は、お忘れでは無かった


senda01senda02
senda07


加太名物 よむぎ餅、タイプミスでは、ありません^^ 加太(カダ)では、昔からよもぎ餅をこう呼ぶようだ。丸い餡子ありと、長い餡子なしがあり、6個ずつ別のパックに分かれていたが、言うと3個ずつパックに入れてくれ630円だった。


senda03senda04


帰って包み紙を見たら、淡嶋神社境内茶店とあり、あら、満幸商店さんの手前、猫のいた千田商店の製造元だったんだ。餡子ありを早速、駅で1つ食べ、疲れた体に甘さが心地良い。素朴な餡子なしは、焼いても美味しい4.5


千田本家
■住所 和歌山市加太500


senda08
senda05senda06
手前は、加太海水浴場で、右)地ノ島、左)沖ノ島、そして奥に、見えるのは淡路島かなぁ。加太の漁港周辺で、採れたてのワカメが天日干しされている。天然ワカメは「加太和布(カモヂ)」と呼ばれる名産品で、2~3日乾燥された後、京阪神を中心に出荷される。


追記
14日頃より、風邪で伏せっております。しばらく、皆さんのブログへ訪問出来ない事をお詫びします なお、記事は予約投稿により、しばらく続きます。一日も早く、復帰できるよう、を飲んで、よい子で寝ます

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

胡麻豆腐 濱田屋 +高野山3

ブログ「おさとうのタナボタ」で紹介のあった胡麻豆腐 濱田屋へ。小田原通バス停近くなので、麩善 かるかや堂前店から歩く。地図だと、小田原通を南へ少し行った所なのだが、別れ道でチョット悩む^^


hamad3hamad4
hamad5


店内で食べられる胡麻豆腐は、ワサビ添えか、デザート風の和三盆糖添え(各300円)なので、甘い方を選ぶ。赤い床几に座ろうとしたら、出窓が広いと勧められた。胡麻・葛・水だけで作る胡麻豆腐は、他の場所のような濃さはないが、滑らかな食感とゴマの風味が優しい。


hamad6


駅へのバスまで40分程しか時間がなく、慌しく退席したが、次回は、ゆっくりワサビ添えと食べ比べてみたい。また、胡麻豆腐を作るのに使う湧き水が、店頭で飲めるので、それも頂きたい4.5
すべて生胡麻豆腐なので、持ち帰りには、保冷容器と保冷剤を持参のこと)


胡麻豆腐 濱田屋
■住所 和歌山県伊都郡高野町高野山444
■営業 9:00~17:00(売切れ次第閉店)
■定休 不定休


hamad2hamad7
木のガードレールの遍照光院。成福院の摩尼塔は、ビルマのパゴダを表す八角形で、日本ビルマ親善のため、釈迦像と大理石獅子を贈られている。


hamad1
帰りも、高野線の終着駅である極楽橋駅に7/1~9/30まで設置された「風鈴トンネル」をくぐり、高野山を後にする。

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

麩善 かるかや堂前店 +高野山2

千手院橋でバスを乗り換え、奥の院前終点で3台目バスを降り、奥の院を参拝する。帰りに、刈萱堂前で4台目バスを下車、ブログ「おさとうのタナボタ」で紹介のあった麩善 かるかや堂前店にて笹巻あんぷを購入。


huzen1huzen2
huzen7


ちょっと交通費について、触れておこう。大阪難波駅まで、バス+近鉄で930円。極楽橋まで南海電車850円、高野山ケーブル380円。通常料金だと、片道2160円x2+高野山内1日フリー乗車券800円=5120円分が、なんと 今回利用した「スルッとKANSAI3dayチケット」だと、3日間使えるから、5000円÷3で約1670円である お得だよ~


huzen3
huzen4


高野山生麩・笹巻あんぷ(5個)650円は、笹の葉に包まれたあんこ入り生麩である。京都など、他でも食べた事があるが、麩善のは、よもぎ麩を分厚く感じる。あんこ好きには、うれしい4.5



麩善 かるかや堂前店 HP
■住所 和歌山県伊都郡高野町高野山732 かるかや堂前
■営業 9:00~16:30
■定休 月曜日(祝日の場合翌日)


huzen5huzen6
刈萱堂:刈萱道心と石童丸の物語で知られる。密厳院:刈萱堂の本院で、宿坊。


過去の3dayチケット旅
スルッとKANSAI3dayチケット・和歌山

テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

プロフィール

net21

Author:net21
7/29より「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示され、スマホからログイン不可になり、訪問できません!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード