もっと見たい、食べたい!
関西のお手頃なランチとスイーツを紹介中! スイーツには昼食以外のおやつ・間食を含みます。昼食のパン類は、ランチに分類し、基本的に価格は、消費税込みです♪

PAUL神戸元町店(2)

paul9 paul8 
Blog友さん達のお勧めは、小麦・水・塩と原料にもこだわるPAUL。そのこだわりのフランス産小麦粉を使い、伝統的製法で仕上げたお店自慢のフランスパン フルート・アンシェンヌ 273円をPAUL神戸元町店で次に買う。長いので「持ちやすいように切りましょうね」と気配りありがたい


paul10 paul12
締めのプチパン アンシェン・ノア 126円は、胡桃が入ってて モッチモチ 1個しかなかったのが残念…この食感は、忘れがたい。フルート・アンシェンヌは、帰ってオーブントースターで温めたら焼きたての柔らかさ。どちらも嬉しい
  

PAUL神戸元町店
■住所 神戸市中央区元町通3-9-8 パルパローレ1F
■営業時間 10:00~19:00


paul7 paui11
もう少し店内の画像をと思ったのだが、帰るお客さんには荷物が邪魔にならないよう扉を開けて下さる。だから、この1枚だけ^^。 通りを南へ行けば、原色の南京町春節祭は1日まで。

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

PAUL神戸元町店(1)

神戸に行く楽しみの一つは、Blog友さん達の記事にあったPAULだった。PAULは、1889年フランス北部のリールの町に、シャルマニヨ・メイヨという名職人により生まれたパンの老舗。日本でもAll About Japan読者が選んだ「ベストパン★2002」に初登場で、いきなり2位に輝いた。以来、2位、7位、3位、5位、5位と上位を保ち続けている。


paul1 paul3
中国情緒あふれる南京町より1筋北へ行けば、近代日本的な元町商店街。ここの春節祭の飾りは、黄色を基調としている。その元町商店街にあるPAUL神戸元町店にやって来た。



paul2 paul5
ブログ友さんお勧めで、人気のクロワッサン 189円をまず、ゲット。もう1つのお勧めの生ハムをサンドしたアンシェン・ジャンボンクリュは売り切れで、クロワッサンで挟んだクロワッサン・ジャンボンクリュ 462円を購入。保冷剤を入れましょうかと遠方から来た人への気配りもありがたい



paul6 paul4
クロワッサンは、papirakiさんの記事にあった「サクサクしているのに、しっかり食べた感」がある。少し乱暴に持ち歩いたのに砕けていない。 クロワッサン・ジャンボンクリュは、そのクロワッサンにYUIさんの記事にあった「歯切れが良く、程よい塩気の生ハム」とトマトを挟み表面が焼かれている。どちらも美味しくて


PAUL神戸元町店
■住所 神戸市中央区元町通3-9-8 パルパローレ1F
■営業時間 10:00~19:00

テーマ:パン - ジャンル:グルメ

栄和飯店 +南京町春節祭2

神戸南京町で、中国の旧正月を祝う春節祭が開催されると知り、三国志の英雄や楊貴妃がパレードする「中国史人遊行」を楽しみにしていた。ところが、27日のパレードだと思い込んでいたら、旧暦元旦の26日だった。気がついたのは、26日の夜のニュースで…少しテンションが下がるのを食べまくってやるぞと新快速に乗る。



eiwa2 eiwa3 eiwa4

南京広場で京劇を見たあと、極彩色でまとめた宮殿風の外観の中国料理 栄和飯店で昼食にする。この赤い柱と瑠璃色の瓦は、台湾から宮大工を呼んで作らせたそうで、2階の窓にも雲に乗った8人の姿がある。飲茶セット(おかゆ+点心5品)840円と焼き餃子 520円を注文した。


eiwa9 eiwa7 eiwa8

おかゆは、天かすが良い。点心は詳しくないので、下の桃色がエビシュウマイかと思ったら上だった。左の中国風揚げパンクッキーは何処か懐かしい味。焼き餃子は、しっかりニンニクも効いて、特にどうとかではなく普通に美味しい。中国の町の食堂で食べたら、こんな感じかと


栄和飯店
■住所 神戸市中央区栄町通1-2-28
■営業時間 11:00~15:00(土日祝は16:00) 17:00~21:00
■定休日 火曜(春節祭は営業)

eiwa6 eiwa5 eiwa1
1/27京劇 孫悟空が桃の宴に呼ばれなかった事に腹をたて仙桃と酒を盗み食べ、なたくや羅猴と闘う。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

老祥記 +南京町春節祭1

神戸南京町春節祭は、南京町広場を中心に1/26~2/1まで行われている。南京町広場の東屋に、三国志でおなじみの英雄・関羽を祀る祭壇があった。関羽は、関聖帝君と呼ばれ商売繁盛の神様として信仰されている。その祭壇の前に、元祖豚まん専門店 老祥記が今日も行列を作っている。


rosyo1 rosyo5 rosyo6



大正4年、まだ豚まんの専門店がなかった時代に、初代店主が「豚まん」と命名し開店したのが、老祥記(ロウショウキ)の始まり。約4.5cmと小ぶりの豚まん90円は、中国は天津地方のものに似ているそうで、豚バラミンチと青ネギを醤油で味つけた具を包む。少し濃い目の味だが、モチモチの具は他では味わえない


老祥記
■住所 神戸市中央区元町通2-1-14
■営業時間 10:00~18:30(売り切れ次第閉店)
■定休日 月曜
■席 店内でも3個まで食事可
 
rosyo4 rosyo3 rosyo2
南京町広場 関羽さま、長い線香を買って、参拝すると西遊記のなまかと記念撮影できる。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

播磨屋ステーション京都 +宗像神社

京都御苑の宗像神社で咲き始めの水仙を見た後、向かったのは下立売御門前にある播磨屋ステーション京都。11月23日リニューアルされ、フリーカフェ(無料)としてオープンした。飲み物は、珈琲・紅茶・ほうじ茶が 0円。おかき・せんべいも11種類のうち常時 7種類が準備され、少々の割れはあるものの 0円


harima4 harima2 harima5


この日のおかきは中央)左から、のりおかき、御やきもち、淡味ごのみ、童げんこつ。右下から、コウノトリの福袋、華麗満月、おかき皇。ゆっくり寛げるフリーカフェ、もしお気に召したらお買い求め下さいの姿勢も心地よく


harima3 harima1 harima6


一番気に入った淡味ごのみを、もちろん購入。その話は次回にしよう。それとこの皿は2人分で^^「おかきのお代わり及びテイクアウトはご遠慮ください。」と注意書きがあります。


播磨屋ステーション京都 フリーカフェ(閉店)
播磨屋本店 京都パレスサイド店 HP 
■住所 京都市上京区烏丸通椹木町上る堀松町412
■営業時間 10:00~18:00
■定休日 なし
■駐車場 専用あり
■交通 地下鉄烏丸線丸太町駅2番出口より北へ徒歩3分


harima8harima7
宗像神社 水仙越しの鳥居、八重咲き水仙

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

弘法昆布茶 +初弘法

京都市にある東寺(教王護国寺)で弘法市が開かれた。東寺では、弘法大師(空海)のご命日の21日に市が開かれる。中でも1月は、初弘法と呼ばれ、年末の終い弘法とともに人出の多いことで知られる。


koubou1 koubou2 koubou6
弘法さんと呼ばれる市は、1200~1300店の露天が並び、多い時には約20万人ほどの人が訪れる。骨董・古着・がらくた・植木などの業者が出店する様子は、まるでラビリンスである。


koubou8 koubou9 koubou7


弘法市
■住所 京都市南区九条町1
■営業時間 5:00~16:00頃
■開催日 毎月21日
■交通 近鉄「東寺駅」西へ5分


松田(株)が販売する弘法昆布茶 800円は、東寺内の売店でお守りなどの隣で売られる。特に年末~1月にかけて、よく売れるので売店前に出店(中右)を出すぐらいである。それは昆布茶に昆布のクジが入っているからで、大吉の文字が見えるかな


8パック8杯分のうち、大吉、中吉、小吉、吉、東寺の五重塔アタリと5種類のクジがあるようだ。抹茶に昆布の甘さ、かすかな梅の酸味とがブレンドされ、

koubou5 koubou3 koubou4

テーマ:ドリンク - ジャンル:グルメ

観音寺の甘酒 [洛南]

今日、21日に有名な行事は京都市南区にある東寺の初弘法である。その東寺の近くに観音寺という小さなお寺がある。観音寺では毎年、初弘法の日に前の道を通り東寺等へ行きかう人々に甘酒が振る舞われる。


kannon3


kannon2


kannon1

大寒を過ぎた曇り空に、温かい甘酒はありがたい。この日だけの無料の接待は、体と心を温めてくれ


観音寺
■住所 京都市南区西九条川原城町23

観音寺と名づけられたお寺は多くあり、住所だけは検索できたが後は不明。甘酒の接待で忙しそうで、お話は伺えなかったので、何時か再訪問したいものだ。

テーマ:特別な日のお料理(行事・お祝い・季節ごと) - ジャンル:グルメ

法住寺の大根焚き(通し矢 2)

三十三間堂の通し矢を見るために、京阪七条駅を降りる。途中で見かけたのが、法住寺大根焚きのポスター。法住寺は、三十三間堂の東隣と近いので、後で寄ることに決めた。通し矢は、初めてだったが、9~16時と長時間なので、少し粘れば見られると思ったのが大混雑…甘かったそれは、さておき


houjyu6 houjyu7
お昼になったので、法住寺へ。法住寺は、後白河法皇を救った身代わり不動明王の寺。大根焚きは、先月千本釈迦堂で食べたが、ここのは1椀700円で護摩木が付いてくる。護摩木には仕事柄、車に乗る事が多いので交通安全を願った。


houjyu5 houjyu8 houjyu4 
具は、かつお梅だろうおにぎり2個300円は、ほどよい塩味。聖護院大根だろうか よく染み込んだ大根は、お揚げの味を忘れるぐらい おにぎりを付けても千円、健康息災に護摩木もあり、交通の便もよく並ばなくてよい法住寺は、大根焚きの穴場である。


法住寺
■住所 京都市東山区三十三間堂廻り町
■拝観 9:00~17:00(写経会10時~13時頃)
■定休日 年中無休(写経会毎月28日休)
■拝観料 無料(写経会1000~1500円)
■駐車場 無料30台
■交通 京阪 七条駅より徒歩10分


houjyu1 houjyu3 houjyu2
1/18  三十三間堂の通し矢は、第59回 大的全国大会と言うそうだが、参加者だけで2000余名と大混雑で実際の射るところは見られなかった…。競技前に振袖をたすきに挟む、蝶が止まったような背中、弓道をご存じの方 このは何でしょうか

テーマ:特別な日のお料理(行事・お祝い・季節ごと) - ジャンル:グルメ

つるき餅本舗七条店 +通し矢

18日は、京都・三十三間堂の「通し矢」に行ってきた。成人式が15日に行われてた頃は、同日開催だったが2000年以降は第三日曜あたりになったようだ。新成人が参加する事には変わりなく、新成人男子900余名・新成人女子930名と称号者の方々が全国から参加された。通し矢の帰りに寄ったのが、ちちんぷいぷいにも紹介されたつるき餅本舗 七条店


sansan2 sansan4 sansan3


名物はその場で食べられる「みたらし団子」だけど、先ほど法住寺で大根焚きを頂いた所なので、持ち帰れる赤飯まんじゅう1個150円を。11月に滋賀・百済寺の赤飯まんじゅうを紹介したが、ここのは文字通り赤飯を饅頭皮で包んだ感じで更にもちもち。グッと押さえられた甘さは栗を求めるが、最後にほのかな甘みを感じて


つるき餅本舗 七条店
■住所 京都市東山区七条通本町東入ル西之門町561
■営業時間 10:30~18:30
■定休日 不定休
■交通 京阪「七条駅」より徒歩4分(三十三間堂から西へ50m)
■座席 小さなテーブル1台、それを囲むように小さな長いすが3つ



sansan6 sansan1 sansan5
三十三間堂の通し矢 奉射を待つ乙女たち、イメージトレ、弓矢を持つ猫の手

テーマ:和菓子 - ジャンル:グルメ

Tea Scone ②(御田)

京都府木津川市の相楽神社(サガナカジンジャ)で15日、御田が行われた。御田(オンダ)では、古風な田植歌にあわせてむしろを敷いた拝殿の前で、農具や牛に見立てた道具を使い稲作の所作が演じられる。鍬初めに始まり、肥打ちでは「くさい臭い」と軽口を交え、疲れたとタバコを吸う、滑稽でなごやかな神事は田植で締められる。


teasco4 teasco7 teasco10
御田の後は、ブログ友さんが美味しいと言ってたアップルパイを食べに Tea Scone(ティースコーネ)へ 。前回から15ヶ月ぶりの英国風喫茶店では、オールドアップルパイと1月のスペシャルティ「ハッピーオリエンタル」を。ハッピーオリエンタルは、ジャスミンをベースにマンゴー、ストロベリーが、う~ン東洋。香りは、事前に小瓶(右上)で確かめられる。カップティは 500円(セットだと-50円)


teasco14 teasco11 teasco13
リンゴたっぷり 530円のアップルパイは、ブドウも入ってて生クリームで甘さを調整しつつ~うまぁ


Tea Scone(ティースコーネ)
■住所 京都府木津川市梅美台2-11-11
■営業時間
 平日11:00~18:30 土日祝10:00~18:30
■定休日 月曜・第3火曜(月曜が祝日の場合は営業し、翌日火曜が休み)


teasco3 teasco2 teasco1
相楽神社の御田は、朝から行われた粥占などと京都府指定無形民俗文化財に指定されている。
続きを読む

テーマ:おすすめスイーツ♪ - ジャンル:グルメ

プロフィール

net21

Author:net21
最近、目が疲れやすく、皆様への訪問や、コメントの返事が、遅くなっております。

SSLを有効にしたけれど、グリムスが表示されない…

グリムス6本目育成中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード